• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
インフォメーション
2008/04/01

京都議定書の実行期間が開始!

京都議定書の温暖化ガス削減実行期間が4月1日から始まりました。

京都議定書は先進国に2008年~2012年の5年間の平均で温暖化ガスの排出を減らす目標を課していおり、日本の削減目標は6%です。

しかし、2006年度の日本の国内温暖化ガス排出量は1990年度対比で6.4%増えており、計12.4%の削減が必要となり、京都議定書の約束達成を巡る状況は厳しさを増しています。

特に、オフィスや店舗などの業務部門と家庭部門が増加傾向にあり、より一層の削減努力が必要になっています。

また企業にも、省エネ法の規制拡大や各業界団体の自主行動計画の強化など、省エネへの取組みが求められ、コスト削減のみならず法令順守の観点や企業の社会的責任の観点からも重要な経営課題のひとつとなってまいります。

貴社も、新エネルギーの積極的導入や、省エネルギーをより一層推進して、温暖化ガス削減を実施しましょう。

みんなで住む地球、将来の子供たちのためにも、みんなの手で守っていきましょう。

ページトップへ