• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
インフォメーション
2008/03/26

温暖化ガス削減に向けて9業界が新たに自主目標策定!

京都議定書が課す温暖化ガスの排出削減目標を達成するために、学校や放送などの業界が新たに温暖化ガスの自主行動計画を作成したことが明らかになりました。

スーパーやコンビニなど4業界はすでにある自主行動計画の目標を引き上げるとともに、合計で年間約30万トン(CO2換算)の排出を減らす方針で、環境省と経済産業省の合同審議会で公表しました。

新たに自主行動計画をつくったのは私立学校や民放、日本放送協会(NHK)、ケーブルテレビなどの9業界です。

民放業界が2010年度にエネルギー効率を04年度比10%改善するなど、7業界は具体的な数値目標を掲げました。

貴社も所属している自主団体の動向を確認して、自主団体行動計画に沿った省エネを推進して,温暖化ガス削減を実施しましょう。

みんなで住む地球、将来の子供たちのためにも、みんなの手で守っていきましょう。

ページトップへ